Berliner Philharmoniker

世界的に有名なベルリン・フィルハーモニー管弦楽団。制作はドイツ人の建築家、ハンス・シャロウン設計のコンサートホールをモチーフとし、組み合わせた五角形はそれぞれ人、音楽、空間を表しているという。おそらくダイナミックな動きを与えるためにランダムな角度で形作られている。ブランドカラーの黄色も効果的。

Continue reading “Berliner Philharmoniker”

ワーナーブラザーズのロゴ

アメリカのワーナーブラザーズのロゴがリニューアル。伝統的な盾形は黄金比を用いて縦長に、よりシンプルに汎用性が高く、フォーマット(ソフト)に合わせて色使いも変えられる。エンターテイメント会社ならではの楽しげな専用のフォントが用いられる。ペンタグラムによるデザイン。

Continue reading “ワーナーブラザーズのロゴ”

横浜市経済交流アドバイザー

横浜市が外国のビジネス事情に通じている現地の有識者から、市内企業の海外進出や、スタートアップ・ベンチャーなどに対して助言等を行っていただく「横浜市経済交流アドバイザー」を創設するということで依頼されたロゴ。決定案のADVISORのAは方向性を示すコンパスをモチーフとしている。別案としては重なった部分が上昇を示すYの形や、船舶関係の腕章を模したものなどを提案。ロゴは記念品としてアドバイザーに授与され謝意と共に認知に向けてのPRに活用される。

Continue reading “横浜市経済交流アドバイザー”

ポーランド・ユダヤ人歴史博物館

ワルシャワにあるポーランド・ユダヤ人歴史博物館。1995年にユダヤ歴史研究所の提案で発足した建設プロジェクトで設計はフィンランド人建築家ライナー・マフラマキ。エントランスからメインホールにかけて波打つ高い壁はポーランドとユダヤ人の歴史の亀裂を象徴するものらしい。外側の壁にはラテン語とヘブライ語でPolinという文字が連なり、ポーランド人としての誇りを感じる。ロゴマークもシンプルで秀逸。

Continue reading “ポーランド・ユダヤ人歴史博物館”

横浜市の創業支援ロゴ

横浜市からの依頼で創業を支援するための事業のロゴを制作。開業率の向上と地域経済の活性化、雇用の確保を目標とし、創業に関する気運の上昇を目指している。別案には未来に向けての矢印や港町横浜を代表する船出をモチーフにしたもの、開運のダルマの形などを提案。

Continue reading “横浜市の創業支援ロゴ”